That's 記(雑記)

ネーム ハンドルの自己満足でいろいろなことを書いてます。

スマブラ新作への期待と要望的な記事

この記事では、ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズについて
話をします。元々、4作目である「for」の発売前に書いていたのですが、
モタモタしている間に、5作目の発売(Switch版)が発表されてしまい、
これはもう急いで仕上げなければ、と頑張りました。

一部、「for」で改善されている点もありますが、個人的に
新作でこうなったらいいな、という話を書いていきます。


まず、一番して欲しいのが、チュートリアルを導入する事です。
と言っても、わざわざ、チュートリアル専用のモードを作る必要はありません。
イベント戦をそれに置き換えるべきだと考えています。

自分もそうだったのですが、初めてこのゲームを触った時、
敵をどうやってふっ飛ばせば(敵をふっ飛ばせば勝ちというルールなので)いいのかが
全く解りませんでした。アイテムを使って倒すのかと勘違いしていました。

そこで、最初に技の出し方を学ばせる。

例えば、スマッシュ攻撃で相手をふき飛ばせ、というお題。
横スマッシュ、上スマッシュ、下スマッシュ。何でもいいけれども、
スマッシュ攻撃を敵に当ててふき飛ばす。

スマッシュ攻撃以外だと敵(CPU)がガードしてしまい、お題失敗。

スマッシュ攻撃以外はガードされ、掴みを出しても絶対に避けてくるとしたら。
逆に意地でもスマッシュ攻撃以外の攻撃を当てようとするという遊びも
生まれるかもしれない。そういう遊び心を交えれば、単純なルールでも
奥深い楽しみ方が生まれるのではないでしょうか。


他にも、上手にダメージを蓄積して、相手を狙った位置までふっ飛ばしつつ
移動させるとか、ガードをする相手に掴みをするとか。
実践でも生きるようなチュートリアルがあるといいなと思います。
そうする事によって、このゲームについて理解してもらうのが
早くなるのではないかな、と考えています。


それと同時に、トレーニングモードでも、格闘ゲームのように、
技のボタン入力と、技名の表記が欲しいなと思います。

欲を言えば、技を弱攻撃、強攻撃(上、横、下)、スマッシュ攻撃(上、横、下)、
空中攻撃(ニュートラル、前、後ろ、上、下)というふうにテンポよく出すと、
正解の音が鳴る、というシステムにしたら面白いのではないかな、と思います。
どういうふうに技を出せばいいのか、初心者は知りませんから、
そういう手解きも必要だと思います。



初心者、新規のプレイヤーに向けた話はこのぐらいにしておいて、
細かい話を3つ、していきます。

1つ目がステージについてです。

このゲームでは「終点」という真っ平らなステージが好まれています。
ですが、その背景が暗く、陰鬱なイメージを与えます。

個人的には爽やかな色がいいと考えています。

実際、色の与える印象は強く、様々なところに生かされています。
現実に、駅のホームに青色の蛍光灯を設置すると、
自殺を抑制する、というデータがあります。
他にも、アメリカの刑務所では、暴力的な囚人を鎮める為に、
無機質な壁をピンク色に塗り替える事で、
攻撃的な感情を落ち着かせる、という取り組みをしています。

このシリーズの三作目「X」のオンライン対戦では
マナーの悪いプレイヤーが跳躍跋扈していました。
そこでは、必ずと言っていいほど、ステージ「終点」が選ばれていました。
少なからずとも、あの暗いステージが、プレイヤーの深層心理に影響したのではないか。
そんな要因も少なからずあったのではないか、と個人的には感じています。


2つ目が視認性の向上。

このゲームは、慣れない内は、キャラクターとアイテムが見辛いという
致命的な欠点があります。背景と混ざらないようにキャラクターは
コントラストを変えて欲しいなと思います。

3つ目が、とても地味な仕様変更の話なのですが、
「すり抜け床」をダッシュ中でも簡単に降りられるように
してほしいなと思います。「すり抜け床」は操作に慣れていないと、
降り辛い。スムーズにキャラクターを動かせるように、
操作感の向上にも新作には期待しています。


他、CPUの行動パターンについて、初心者の参考になるので、
コンボをしてきてもいいと考えていました。
それは「for」でアルゴリズムが改善され、強くなったので、
問題ないかと思います。ただ、CPUが人と違うのは
掴みへの反応の鋭さ。もっと鈍くてもいいのにな、と思います。
そのせいで、CPUと戦ってばかりいると、攻撃で押し切った方が
効率がいいので、掴みをあまり使わなくなってしまう……。


こんなブログを制作者の方が見るとは思いませんが、
個人的に変わっていたらいいな、という期待を込めて書きました。

一番はチュートリアル。これが入ってたら、と思うのですが、多分、難しいでしょうね。
本作を制作している「任天堂」の他の作品……「マリオカート」等でもそうですが、
どれだけ操作が難しくてもチュートリアルはありませんからね。
慣れるまで、プレイして、という作り。

でも、「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズに限っては、そういう縛りはない方が……と
感じています。「チュートリアル」でないにしても、ゲーム内の何らの形で
学べるシステムを作る必要があるのではないか、と思います。


長々と書きましたが、最新作は今年。
2018年内に発売される予定だと聞いています。
どういうものになるのか、とても楽しみです。

18/3/23 まだ、ゲーム機本体すら持ってないけどね……。スマブラ最新作もだけど、「ゼルダ」やってみたい。Switch買ったら。('A`)
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ネーム ハンドル

Author:ネーム ハンドル
訪問、ありがとうございます。

ネーム ハンドルと申します。
Name Handle。略してNH。
一人称は「己れ(おれ)」。

主な内容は日記(空想。不定期更新)です。
イタめな日記ですが暖かい目で
見守ってやって下さい。

月別カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事&コメント
カテゴリ
リンク
Translate
月別アーカイブ
文字を大きく(+)・小さく(-)
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    4640位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    2166位
    アクセスランキングを見る>>
    サイト内検索
    来客者数
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる