That's 記(雑記)

ネーム ハンドルの自己満足でいろいろなことを書いてます。

三角関数でなければ三平方の定理か

車の助手席に座る。

車が、信号に止められる。車は、手前の車との距離を
縮める。かなり詰めている。当たらないのか、と恐ろしくなる。
しかし、意外と距離があるようで、
お年寄りがその車と車の間を横断して行った。

車内に居る己れから見ると、危うく見えるが、
外から見たら、大した事が無いのだろう。

その距離感が己れには解らない。
どうすれば解るのだろう?慣れるしかないのだろうか。


己れは考えた。視線の高さと、乗っている車と、
前の車との距離との関係……。

三角関数で求められはしないだろうか。

視線と、前の車とその距離で三角形が作れる。

視線と前の車との角度。細かいところまでは解らないが
60度ぐらいだろう。座席は地面と真っ直ぐだから90度。
地面と車との角度も、上の2つから30度ぐらいと割り出せる……。

角度は解った。後は数値だ。解るのは精々、視線の高さ。
車高と合わせて大凡を求める……。


……と、此処まで書いたが、己れは三角関数を全く解っていない。
知っている人からすれば、見当外れな事ばかりで、
三角関数?何を言っているのか、という感覚だっただろう。

それもその筈。三角関数を知らないからだ。
何となく、距離を求められるもの、という印象だけが残っている。
それがこの可笑しな話を導き出した原因である。

三角関数は学校で習ったのに、己れは完全に忘れてしまっている。
元々、大して覚えてはいなかったが……。


記事を書くにあたって、インターネットで調べて、解説されている
サイトを見てみたが、理解が及ばない。
歳を経て、少しは賢くなったつもりだが、その当時と比べても、
数学に対する理解力は向上していないようである。

数学が出来れば、この世界の捉え方も、変わっていただろう。

18/2/27 数学が得意だった人は、数学の知識をどれぐらい覚えているのだろう。どのぐらい活用しているのだろう。('A`)

スポンサーサイト
blogram投票ボタン
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ネーム ハンドル

Author:ネーム ハンドル
訪問、ありがとうございます。

ネーム ハンドルと申します。
Name Handle。略してNH。
一人称は「己れ(おれ)」。

主な内容は日記(空想。不定期更新)です。
イタめな日記ですが暖かい目で
見守ってやって下さい。

月別カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事&コメント
カテゴリ
リンク
Translate
月別アーカイブ
文字を大きく(+)・小さく(-)
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    3612位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    1395位
    アクセスランキングを見る>>
    サイト内検索
    来客者数
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる