That's 記(雑記)

ネーム ハンドルの自己満足でいろいろなことを書いてます。

技術を巧みと感じない

車に「自動運転実証実験中」というステッカーを貼ったら
注目されるだろうか、等と言う下らない事を考えつつ、運転をする。

車は大きく分けると、AT車とMT車に分かれる。
現状、殆どの車がAT車である。楽だからだ。
アクセルとブレーキを踏み分けるだけで、
自動的に、ギアを切り替えてくれる。


しかし、それがやや不効率であるからか、適切であれば、
手動で切り替えるMT車の方が燃費が良くなると言う。

そうだとすると、様々な操作を手動化した方が省エネなのだろうか?
例えば、ワイパーも雨量を見て適切に動かす。
方向指示器(勝手に切れる割に逆に長々と点いている事もある曲者だ)も、
さっと切る。……そんな事をしても本当に微々たるものだろう。

労力と、それで得られる利益とのバランスが大事なのだろう。

手動と自動化。何処まで、自動化するべきなのだろうか。
MT車からAT車に置き換わっていったように、今後、何処まで
自動化していくのだろう?

アクセルとブレーキ。車線維持に速度維持。
人は、効率性に付与できるのか。人の存在は効率的なのだろうか。


赤信号に止められていると、後方から、サイレンの音。
後ろから、救急車が来た。此処は二車線の道路。
左右に車が避けて、救急車を通そうとする。

だが、救急車は抜けられない。車の幅寄せが甘いのだろうか。
車種にもよるのかもしれないが……。

気付けば、信号が青に変わっている。己れの前の車は皆、
待ちくたびれて先に行ってしまった。己れも動くべきなのか?
どういう動きが、救急車を早く目的地に辿り着かせる事に繋がるのだろう。

……。悩んだが、動くべきではない。
動いてしまうと、周囲に動揺を与えてしまう。

救急車は、車の間を擦り抜けて、先へと進んだ。

技術に、個人差がある。サイレンの音を聞いた後の動きにも、個人差がある。
交差点で鉢合わせした時や、横断する歩行者を見た時の動きでもそうだが、
此処も、運転が自動化される事によって、変化が起こるかもしれない。


……。車が進まない。渋滞である。
こういう場面では、車間を取るべきだと言われる。
頻繁なブレーキが、渋滞を生み出すからだ。

だが、動かない苛立ちから、それを確保するのは難しい。
冷静に自分を見つめられる人間でなければ、不可能だ。
己れも、つい詰めてしまう。開けた方が良いと解っているが……。

そうやって車間を開けると、滅茶苦茶、割り込まれる。
この運転手達は、己れの居る左車線に入りたかったのか、
その方向に、目的地が在るのか。

もし、己れが其処を開けていなかったら、
其処に辿り着けなかった?

もし、己れの気が変わって急に加速したとしたら……。
……己れが死ぬ可能性の方が高いだろうな……。

18/3/22 法律が在る筈なのに何も統一されていない不揃い具合。人間であるから、そういうものなのかもしれないが……。('A`)
スポンサーサイト
blogram投票ボタン
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ネーム ハンドル

Author:ネーム ハンドル
訪問、ありがとうございます。

ネーム ハンドルと申します。
Name Handle。略してNH。
一人称は「己れ(おれ)」。

主な内容は日記(空想。不定期更新)です。
イタめな日記ですが暖かい目で
見守ってやって下さい。

月別カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事&コメント
カテゴリ
リンク
Translate
月別アーカイブ
文字を大きく(+)・小さく(-)
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    日記
    4640位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    2166位
    アクセスランキングを見る>>
    サイト内検索
    来客者数
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる